「ジャックと豆の木のセーター」編み直しを決断。

「ジャックと豆の木のセーター」編み直しを決断。

寒いなぁ。。。と思って目が覚めた朝です。

寒い事とは関係ないのですが、体が勝手に禁酒期間に入ったようです。

いつもほぼ毎日夜にグラス1杯のお酒を飲むのですが、

物忘れしたかのように「呑む」事に興味がわかなくなる事が、突然訪れます。

2日前から意識せずして始まりましたこの期間。

1週間で終われば1月続く事も。

10月の終わりには美味しいにごり避けの「五郎八」が出回るので、

それまではこの期間が続けば体にもお財布にも良いことだと思います。

朝から、お酒のお話でごめんなさい( ^ω^ )♪

 
スポンサードリンク

「ジャックと豆の木のセーター」は小さくて。。(涙)

ふと、昨夜気がつきました。

もう少しでネックラインに差し掛かろうかというところで

「。。。小さくね。。。。⁇」

と。。。

編み始めはサイズ的にピッタリと合っていたはずなのに、模様が進むウチに全体的に小じんまりとなっています。。(涙)!

気のせいとかマボロシでもなく測ってみると10㎝も小さい!しかも縦が!

途中で手がきつくなったのか、ハナからゲージを間違えていたのかどうかはハッキリとはしません。

「途中で誰か私の代わりに編んだでしょ⁇」と闇夜に問い詰めても答えはなく。。(笑)

一つのアラが発見されると他の「ま、いいか」と思っていたところも気に入らなくなり、、、

このまま「気のせいだと」暗示をかけて完成させても、着ないものが完成しそうなので編み直しを決めました。

気のせいじゃなく、端が丸まっているせいでもなく、、、小さいのです(涙)

気のせいじゃなく、端が丸まっているせいでもなく、、、小さいのです(涙)

編み直し作戦①

縦に伸びる枝の箇所を2〜4段多めに編んで縦のサイズを伸ばす。

編み直し作戦②

ゲージが合ってなかったものとし、添え糸をして針の号数をひとつあげてみる。

編み直し作戦③

2目交差など交差目の箇所を糸を引きすぎないように気をつけてもう1回編み直す。

①は模様がズレて、袖口の減らし目をした時に模様がどこまできているか予測不能のため、却下。

なので、②と③を合わせて再スタートする事に決定しました。

問題は添え糸。

このショットが現物に一番近いです。。。Malabrigoもしっくりと馴染んでいますし。。

このショットが現物に一番近いです。。。Malabrigoもしっくりと馴染んでいますし。。

毛糸ピエロさんにもザッカストアーズさん、近くの毛糸屋さんにも

このカレー色に合う添え糸になりそうな極細糸は見当たらず、手持ちを見ると

Malabrigo laceのFrank ochreがピッタリとあうのです!

引き合わせ糸にするには高価な糸。

レースヤーンでも編み地がふっくらとするので針の号数をもう一つ上げようかと。。。

レースヤーンでも編み地がふっくらとするので針の号数をもう一つ上げようかと。。。

指定糸で編んだ方が早いといえばそうなりますが。。

カレー色の「ジャックと豆の木のセーター」が着たいんだい!」と編み始めております。。

さて、どうなるか。。みなさま見守っててね♡

miyayoさんのおニューなデザイン「Shinobi」も気になります!!編みた〜い!!


 
スポンサードリンク

Posted from するぷろ for iPhone.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...