数年前に編んだニットの生み直し★

数年前に編んだニットの生み直し★

猛暑続きでバテバテですが気づけば立秋を過ぎ秋の暦に入り、日が暮れるのが早くなりました。

一年が飛ぶように過ぎていく感のあるこの頃。。もう9月が目の前。。^_^。

お盆休みは台風10号の影響を警戒してお家でのんびり過ごしていた我が家♫

湯照り時間の合間に、亭主くんにマルイネコのオンラインページをリニューアルしてもらいました♫
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

マルイネコ オンラインページhttps://maruineko.com/

感謝感激、雨あられです💗

少し前よりBASEやCreemaでも販売ページをご用意していますので、
こちらのページと合わせてどうぞよろしくお願いいたします。

 
スポンサードリンク

ほどいて、断って、再び編む。

数年前に着丈やそで丈を調整して編んだmeiliのバッグスリットプルオーバー

気に入っていただいてたのですが、

少し前に「衿と袖の長さを変えてもっと長く着たいの」とご連絡をもらい、

ニットの編み直しをしました。

送っていただいたニットとご希望内容♪


ご要望は

ネックラインを3㎝詰めてゴム編みでなく編みっぱなしのクルリと丸まる形にする事

袖口をゴム編みを外してここも編みっぱなしのクルリとしたものに変更する事。

衿はゴム編み部分までほどいてそのまま編み足そうと考えていましたが

ゴム編みほどいたら覚えていた以上に胸元まで深い衿ぐりだった事に驚愕。。^_^。

赤線のところまで身ごろを編み足して衿を3㎝編む作戦です★

このまま胸元から衿を編み上げたらおかしな事になりそうなので

思い切ってラグラン線を外して衿開きから編み直す事にしました★

使用した糸は縮絨させて仕上げるヤクのmeiliなので、

新たに編み足す箇所がクッキリ目立ってしまうのでは、、、と不安もありましたが

やってみない事にはどうしようもないので、縮絨でほぼ一体化した編み地を外すのにかなり緊張しつつ

ラグラン線を慎重に外し衿ぐりの減らし目をはじめた箇所まで無事にほどきました♫

後は目数を調整して衿ぐりの減らし目開始位置を4㎝上げて編むだけなのでサクサクと衿のラインは解決^ ^★


袖口はゴム編みをスパっと無くした丈のご希望なので、

必要以上解けないように仕付け糸で仮縫いしてスパッとゴム編み部分を切りました。

慎重に目を拾い6段編み足して緩めに伏せどめしてfinish🎉❣️


編み終わえた時は感無量(笑)。

心配だった新たに編んだ箇所の境い目はしっかり縮絨する事でほぼ目立たなくなりました^ ^

「案ずるより産むが易し」ですね!

無事に生まれ変わったプルオーバーをお届けして喜んで頂けて良かったです 。

毛玉のできにくい縮絨したmeiliで編んだプルオーバー。。これからもたくさん着ていただけるといいな♫

ビフォー


アフター


生み直し成功でした^ ^!

別のニットの生み直しをするかと言えば。。
どうだろう。。
ラグラン線外しの緊張感は一度だけで十分です^ ^★

 
スポンサードリンク

Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...